薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サクシンの次はメテナリンが名称変更。 はてなブックマーク - サクシンの次はメテナリンが名称変更。

blogranking.gif

メテナリン(あすか製薬)という薬の名前が変更されることになりました。名称変更の理由は、メテナリンにはよく似た名前の薬「ウテメリン」(キッセイ薬品)との取り違えを防止するためです。メテナリンの名前がどうなるかは、現在検討中とのことです。

メテナリンは、子宮を収縮させて子宮からの出血を止めるための薬で、出産の後の子宮の回復や、人工妊娠中絶などに使われています。一方ウテメリンは、メテナリンとは逆に子宮の筋肉を緩める作用を持つ薬で、切迫流産や早産を防ぐために使われる薬です(ちなみに、メテナリンの「メテ」、ウテメリンの「ウテ」は、いずれも子宮を表す接頭詞。子宮に働きかける薬、というのを強調したかったのでしょうね)。

妊婦さんの早産を防ぐためにウテメリンを投与するはずが、取り違えてメテナリンを投与すると、子宮を収縮させることで返って早産を進行させてしまいます。これは、胎児や母体の命に関わる大変な事態です。

したがって、メテナリンとウテメリンの名前の混同を防ぐための薬の名称の変更が、厚生労働省から強く要請されていました。これは、以前このブログでとりあげた筋弛緩薬サクシンの名称変更と同じ構図です。

参考記事;薬の名前が変わる時

メテナリンの方が名称変更の対象になった理由は、厚生労働省のコメントによると「よりリスクの高い薬剤」であるため。サクシンの名称変更の場合も、この理由があてはまると思われます(サクシンの方が、筋弛緩作用による死亡の可能性がある危険な薬)。

調べてみると、他にもいろいろと間違えやすい薬の名前は存在します。

タキソールとタキソテール
同じ作用メカニズムの抗がん剤(だからこそ間違えやすい)で、投与量が3倍も異なる。取り間違えると、過剰投与による死亡の可能性がある。

アマリールとアルマール
アマリールは血糖降下剤で、アルマールは降圧薬。アルマールのつもりがアマリールを投与すると、極度の低血糖状態になり、死につながりうる。

今後も、間違えやすい薬の名前については、「よりリスクの高い薬剤を変更する」という原則に従って名称の変更が行われることが期待されます。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/08/31 20:00 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...