薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

受験の季節。 はてなブックマーク - 受験の季節。

blogranking.gif

夏休みの受験勉強といえば、
小学生~高校生の話のようにも思えますが、
大学4年生の学生さんもがんばってます。

大学院の入学試験です(院試って呼んでます)。

多くの大学院の入学試験は、
8月から10月くらいにかけて行なわれます。
私が受けたのは9月の頭だったかな。

大学院とは、研究のやり方を学びに行くところ。

修士課程2年とそれに続く博士課程3年があり、
修士課程を卒業すると修士号(マスター)が、
博士課程を卒業すると博士号(ドクター)がもらえます。

研究室の先生や先輩の指導を受けて研究をしながら、
修士過程は、与えられた問題を解決する能力のトレーニング、
博士過程は、問題を見つけ出して解決する能力のトレーニング、
をおこないます。
(といっても、出来る人は修士課程のうちから、
博士過程と同様の研究をがんがんするんですけどね)

とにかく、研究でメシを食いたいヒトは、
大学院修士課程には進学したいところ。

私が通っていた大学では、
4年生の4月に研究室に配属されて基礎的な実習を終え、
(この実習の話:「この粉は何でしょう」
その後、教授と卒業研究のテーマを決めたところで、
夏休みを兼ねた院試休みをもらいます。

休むのも勉強するのも本人の自由。
もちろん、試験に落ちたら大学院に行けません。
(研究生という名目で研究はできたのですが、、)
だから高校生以来の受験勉強、ということになります。

あのころ住んでたアパートにはクーラーがなかったので、
大学の図書館にしげしげと通って勉強してました。

試験問題自体はそれほど難しいものではなく、
大学4年間の知識があればなんとか解けるもの。
何年分も過去問を先輩からもらって、
これまで習って来た専門知識を総復習しました。
(この点だけは、外の大学からの受験生は不利なんですよね)

自分の得意な分野の問題を選択できる、ということもあり、
薬学生が抱えるもう1つの試験、薬剤師国家試験に比べたら、
私が受けた院試はやさしかったと思います。
一番難しかったのは第二外国語のドイツ語(笑)でした。
さすがに、第二外国語は今は入試科目に入っていませんが。

このブログの読者さんのなかにも、
院試勉強をされている方がおられるようです。
これからがラストスパート、踏ん張りところ。
やればやっただけ必ず結果は現れます。

研究者の世界の入口で、お待ちしています。がんばって!

6年制の薬学部4年生のかたは共用試験が待ち構えてますね。
こちらもがんばってください!

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/08/18 22:54 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...