薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英文を早く読む方法(TOEIC中級者向け) はてなブックマーク - 英文を早く読む方法(TOEIC中級者向け)

blogranking.gif

TOEIC reading

先日TOEICの話を書きました。そこに書いたように、今回、880点取れたのはリスニングテストの点数アップのおかげでした。私は、リーテング(読解力)の方のテストは、それほど大変さを感じてなかったのですが、これは学生時代からの長い間英語を大量に読み、英語を早く読む癖がついたからだったと思います。

私が大量の英語を読まなくてはいけなくなったのは、大学4年生になって研究室に配属されたときでした。自分の研究テーマを教授から与えられ、関連する論文(もちろん英語)を、どっさりと渡されたのが英文との付き合いのスタートです。

最初の頃は、専門用語を辞書で丁寧にひきながら、1つ1つの文を丁寧に読んでいました。しかし、これではいつまでたっても、先に進めません。

自分の実験を進めているうちに、他に読まなくてはいけない論文を自分で見つけたりもするので、どんどん読まなくてはいけない論文がたまって行きます。しかし、読まない訳には行きません。ひたすら英語を読み続けます。

そのうち、何度も何度も辞書を引いて専門用語を覚え、論文を読む数が増えてくると、論文の背景にあるいろいろな知識が1つにまとまり、理解ができるようになりました。そうすると、英文を読む抵抗よりも、内容を知る楽しみの方が勝ってくるのです。すると、どんどん英文を読むようになり、それが英文を読む速度をあげ、さらにいろんな論文・文章を読みたくなる、という循環がはじまります。

日本語で例えるなら、新聞の政治記事や経済記事を読むような感じでしょうか。いろんな法律の名前やら経済用語は、最初はよくわかりません。ただ、テレビやネットとかで、政治や経済の背景にある世界の動きなんかが分かってくると、全体像がぱーっと開けてきます。すると、記事が読みやすくなって、どんどん関連した記事や本が読みたくなる、するとどんどんいろんなことが知りたくなって、読み進める。。

この繰り返しが文章を、そして英語を読む力を強くして行きます。

繰り返しが大事だという理由は、「英語を身につける」ということは「型を身につける」ということだ、という事実につきます。

英語の文章というのは、文学作品をのぞけば、「基本的な型」におさまったものがほとんどです。論文も、新聞記事も、TOEICに出題されるようなビジネス文書も、みんな「ひな形」があるのです(文法、とはちょっと違うかな)。

そのひな形が見えてくると一気に読むスピードが上がります。単語の並びを見て、大体の内容が把握できるからです。背景知識があれば、もっと早いでしょうね。で、そのひな形をつかむには、たくさんの英文を読んで型を身につける、のが一番早いです。文法書で一から勉強するよりは、よっぽどためになり、早く身に付きます。まさに、体で覚えろ、という訳ですね。

というわけで、英語を早く読むには、1つの事柄にテーマをしぼり、様々な文章をたくさん読むのが一番、だというのが、私のやり方です。TOEIC にしぼるならビジネスの分野がいいんだと思います。そういう点では、前回の記事で書いた VOA(Voice of America)やCNNなどの、ネット上で見れる英語ニュースの文章は最適だと思います。無料ですしね。

もちろん、TOEIC対策本の英文も、ビジネス文書の実例としては大変役に立ちます。ただ、対策本の細かい受験テクニック、速読テクニックを学習するよりは、文章を読むことだけに集中するのが、結局は上達の早道かなと思います。「型を身につける」というのは、TOEICだけじゃなくて、どのような場面でも通用するものですからね。

読む速度が早くなるということは、理解するスピードが早くなるということです。すると、リスニングで長い文章が耳にどんどん入って来ても、なんとか対応できるようになります。ここでも、好循環、ですね。

英語を読む目的が、TOEICの点数を上げるのだけが目標というのは、ちょっとつまらないと思います。日本で伝えられない海外のニュースとかは、結構面白かったりするものです。また、海外の視点から見た日本の姿、というのも、とても興味深いものです。自分の世界を広げるための楽しみ、というのが、英語学習の本来の目的なのだと思います。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
梅雨でバテ気味、気合いの応援ポチをお願いします。
blogranking.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/07/11 11:29 ] 英語の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...