FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

注射の謎。 はてなブックマーク - 注射の謎。

blogranking.gif

昨日、注射器と注射針の話を書きました。

私たちが使っている注射器や注射針は、
お医者さんで用いられているのと同じ、
医療用の製品です。

サイズは大きいのから小さいのまで、様々。
ただ、ヒトに使う道具なので、
大きいものは本当に大きいです。

私が見るだけで嫌なのは、ものすごく太い針。
ヒトの太い血管に比べれば確かに細いんですけど、
やっぱりやだなぁ。

針先を見て、こんな太いものが皮膚や血管を貫く、、
と考えただけで痛い、です。
実際、誤って針先に触ってしまうだけで、
ものすごく痛いし、これがまともに刺さったら。。

でも不思議なもので、健康診断とかで、
うまい看護婦さんが採血のために針をさすと
採血のときとかはほとんど痛みを感じないんですよね。
これが不思議でなりません。
(というか、下手な看護婦さんにあたったことがない)。

どういうコツがあるんでしょうね?
お医者さんや看護婦さんは、こういう注射のやり方を
どうやって練習するんでしょう?
ペアを組んで、お互いに注射しあったりするのかな?

そういえば、私がネズミさんに注射するときも、
痛くて鳴かれることはあまりないですね。

まだまだ、不思議なことばかりです。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
今日も変わらぬ応援ポチをお願いします。
blogranking.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/06/05 23:52 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...