FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

「諸行無常」の真意。 はてなブックマーク - 「諸行無常」の真意。

blogranking.gif

この週末は、嫁さんのお父さんの一回忌でした。
月日が経つのは、本当に早いもの。
嫁さんの実家の菩提寺で、親戚一同集まっての法事です。

住職さんは、お経の後に、いつも講話をしてくれます。
といっても、全然難しくない、ありがたいお話です。

今回のテーマは「諸行無常」。
住職さんの言葉で心に残ったのは
「諸行無常をネガティブにとらえないでください」
という一言。

高校の古典でならった「平家物語」では、
「盛者必衰」なんて言葉とペアになってるので、
無常という言葉は、ネガティブな意味にとらえられがち。

確かに「諸行無常」という言葉の意味は、
「物事全て普遍のものはなく、移り変わる」ということ。

しかし、物事が移り変わるということは、
必ずしもネガティブな方向ばかりではないのです。
自分が努力すれば、物事はいい方向にも変わります。

だから、いちばんいけないのは、
「なにもせず、だらだらと過ごすこと」
なにもしなかったら、いい方向には変わらないし、
それこそ「明日どうなるかも知れない命」を
無駄に使ってしまうことになるのです。

仕事するにも遊ぶにも、何事も真剣に取り組めば、
きっといい方向に変わってくる、、
とっても心に残るお話でした。

住職さんと個人的にお話したときには、
「研究の雑念、迷いを払うのは座禅が一番」
なんて、アドバイスもしてくれました。

そんなの簡単なものじゃないよ、
なんていいながらも、
「困ったことがあったらいつでもおいで、
話を聞くのがお坊さんのお仕事ですから」
と優しい言葉をかけてくれる住職さん。

こういう存在が近くにあると、
さぞかし気が楽なんだろうなぁ、と思いました。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
今日も変わらぬ応援をお願いします。
blogranking.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/05/31 20:27 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...