FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

マスク生活はいつまで続く? はてなブックマーク - マスク生活はいつまで続く?

blogranking.gif

新型インフルエンザが関西で初確認されて一週間。

マスク生活も大分慣れました。
とはいえ、家にあるマスクの数はどんどん減って行き、
来週の終わりには無くなってしまいそうです。
もちろん、マスクの在庫はどこにもなく、
しばらくは手に入れることはできません。

オークションで、マスクが10倍の値段で取引されてる、
なんて話は、さすがにばかばかしいと思いますが、
実際マスクが無くなったらどうするか、ってのは、
まだ考えてません。

厚生労働省は、マスク着用について、
「人込みの少ない屋外などで着用する必要はない」
というコメントを出しているのですが、
私たち電車通勤のサラリーマンは、そんな環境は無縁です。

まぁ確かに、毎年インフルエンザが流行する時には、
滅多なことがなければ通勤時にはマスクをしませんでした。
毎日のうがいと手洗いとワクチンのおかげ?で、
インフルエンザにはかからずにすんできました。
今回もそれが通用すればいいのですが、
新型に免疫がある程、年を取ってはいないからなぁ。

来週からは、兵庫や大阪では学校が再開します。
少しでも通常の生活に近づくといいのですが。

このマスク生活の区切りをどこでつければいいのか、
うーん、悩ましい。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
今日も変わらぬ応援ポチをお願いします。
blogranking.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/05/22 22:50 ] 病気の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...