FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

食欲を増やす薬~グレリン~ はてなブックマーク - 食欲を増やす薬~グレリン~

人気ブログランキング


世の中、いろいろなやせ薬の話題が出てきますが、
そのほとんどは食欲を抑制することで食べる量を減らし、
その結果体重を減らす、というものです。

しかし、その逆に食欲を増やす薬というのは、
あんまり表に出てくることはありません。

現在開発中の「グレリン」という薬は、
食欲を増進して筋肉増強させる働きをもつ薬です。

食欲を増やして体重を増やす薬なんて、何に使うの?
と思われる方もいるかもしれません。
しかし、世の中、こういう薬が必要な患者さんもいるんです。

それは癌の末期の患者さん。
がんが進行すると、体ががんと戦うのに疲れ、
食欲がなくなったり、全身の筋肉や脂肪が低下して、
体が衰弱状態に陥ります。
これを悪液質とよんでいます。

がんの末期の患者さんに対しては、
残された余命をできるだけ有効に使うことが望まれます。
そのためには、がんの末期の痛みを止めるための薬など、
患者さんの生活の質(QOL=Quality of Life)
を高めるための薬が必要です。

悪液質の状態になると、体力が低下して、
自分自身で行動することができなくなり、
患者さんのQOLは極端に低下します。

グレリンにより食欲が増進し、全身の筋肉が増強されると、
患者さんの体力消耗を防ぐことにより、
患者さんのQOLを高めることが出来るのではないか、
と考えられています。

現在、欧米での臨床試験ではPhaseIIという段階にあり、
少数の患者さんに対する効果の確認が行われています。

ところで、やせ薬よりもグレリンのような薬の方が、
本来の薬のありかたにかなっているような気がするのは、
わたしの気のせいなのでしょうか。。
ちょっと複雑な気分です。

皆様の応援が頼りです~。
上昇気流にのりつつあります。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/04/27 20:04 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...