FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

エイズに立ち向かう新会社。 はてなブックマーク - エイズに立ち向かう新会社。

人気ブログランキング



世界最大級の製薬会社である、
グラクソ・スミスクラインとファイザーが協力して、
エイズの薬を専門に研究開発を行う新会社を設立する、
というプレスリリースが先日ありました。

それぞれの会社のエイズ関連の部署を統合して、
効率よく研究開発を行って行くそうです。
(主導するのはグラクソ・スミスクラインの方)

プレスリリースの情報を見ると、
現在販売中の薬剤が11個、臨床試験中の化合物が7個と
ものすごく充実したラインナップで、
エイズ領域での薬剤のシェアは19%にも及びます。

この新会社、名前はまだ決まっていませんが、
相当のインパクトを与えるのではないか、と思います。
新薬開発力と販売力、いずれにおいても、
この領域ではダントツの力をもつのはまちがいありません。

この新会社の掲げる目標は、
新薬の開発、途上国でのエイズ治療の向上とされています。

エイズが深刻な問題となっているのは、
先進国ではなく、アフリカの途上国。
何千万人もの患者さんが、適切な薬を使用できず、
エイズによって亡くなっていきます。

これは、エイズ薬の価格が非常に高かったり、
途上国の政府がエイズに対して正確な知識を持っていない、
というのが原因だと考えられています。

新会社は、特許上の問題を解決して
安く新薬を供給することをめざしつつ、
エイズについての啓蒙活動を行っていくそうです。

もちろん、このようなきれいな理想以外にも、
いろいろな思惑があったりするのでしょうが、
1つの病気に立ち向かうために世界の精鋭達が手を組む、
というのは、見ていてとても気持ちがよいものです。

これからどのような成果を出して行くのか、
注目して行きたいと思います。


皆様の応援が頼りです~。
最近ちょっと順位が下がり気味。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/04/18 22:55 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...