FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

薬作りとビビビ。 はてなブックマーク - 薬作りとビビビ。

banner_top.gif


今日は細胞さんとの実験です。

合成屋さん(薬の候補化合物を合成する人)から、
できたてのほやほやの化合物を受け取って、
細胞さんで期待する薬の作用が出るかどうかを調べます。

私たちが受け取る化合物の量は、ほんのちょっと。
耳かきに数杯くらい、でしょうか。
細胞さん相手の場合は、すごく薄い濃度で実験できるので、
これくらいの量でも十分実験できます。

合成屋さんは、ありとあらゆる知識をつかって
この世に知られていない化合物を作り出してくれます。
中には、何十種類もの化学反応を繰り返した結果、
耳かきいっぱいにもならないくらいの粉がやっとできる、
なんてこともあります。

少ない粉は、保存用の有機溶媒に溶かし、
小分けして保存したりもするのですが、
最終的にはやはり粉を使った実験をしなくてはいけません。

合成屋さんの苦労が詰まった化合物なんで、
少しでも無駄にする訳にはいきません。
実験を失敗して無駄にしてしまうなんて、もってのほか。
扱うときには、少しでもロスがないように気をつけます。

で、この季節に気になるのは、静電気。
薬さじが静電気を帯びると、粉がくっついてしまい、
薬さじから離れてくれません。
静電気を除くための器具もあるのですが、
それでも一筋縄ではいかないんですよね。

私は静電気を帯びやすい体質らしく、
ドアノブや車のドアに触るといつもビビビ、ってきます。
だから、粉を測り取ったりするときはいつも緊張しています。

静電気の季節、早く終わってくれないかなぁ。


社会人OL7~9位、自然科学1~3位でがんばってます。
皆様の応援に、感謝の気持ちでいっぱいです!
1ポチで、社会人OLには7P、自然科学は3P加算されます。
元気の源、応援ポチをおねがいます。

banner2.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/02/19 22:23 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...