FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

大臣の首を飛ばした薬。 はてなブックマーク - 大臣の首を飛ばした薬。

banner_top.gif


風邪薬を飲むと眠くなるという副作用があります。

これは、風邪薬の中に含まれている
抗ヒスタミン薬という成分が原因です。

抗ヒスタミン薬は、体内で炎症を起こすきっかけとなる
ヒスタミンという物質の働きを抑える作用を持ちます。

このヒスタミンは、脳の神経活動にも関わっているので、
抗ヒスタミン薬が脳の中に入ると、
脳の神経活動が抑制されてしまって、眠くなるのです。

ここ数日、前財務大臣の「もうろう」記者会見の話題に、
この抗ヒスタミン薬という単語が出てきます。

記者会見のときに、もうろうとした状態だったのは、
抗ヒスタミン薬の効きすぎが原因だ、ということです。

前財務大臣のコメントを引用すると、

「風邪の症状と時差ぼけ。抗ヒスタミンというか風邪薬の過度の症状でああいうことになったというような診断が17日に正式に出る」

「風邪などの薬を朝昼晩と飲み、体調が合わなかったうえ、(飲んだ)量が多かった。申し訳なかった」

だとか。

このコメントの中で「飲んだ量が多かった」というのは
どうもいただけません。

どのような体調だったのかは分かりませんが、
大事な会議を前にして、薬をよく効かせようとして、
勝手に量や回数を増やしていたとしたら、
これはとんでもない間違いです。

薬をたくさん飲めば、副作用も強く出るのは当たり前。
普通に風邪薬を飲んだときの眠気とふらふら感を思えば、
飲み過ぎれば、あんなふらふらな状態になるのも納得です。

まぁ、ふらふらになってしまったところで、
記者会見をキャンセルすれば良かったのでは、
なんて思ったりもするのですが、
国際会議と言う大舞台でつい無理を通してしまった、、
のかもしれません。

これからは、抗ヒスタミン薬=「大臣の首を飛ばした薬」
なんていわれるのかなぁ。

まぁ、薬の使い方を間違えたり、
トラブルの対応の仕方を間違えた人が悪い訳で、
薬自体に罪がある訳ではない、と思いたいですけどね。

社会人OL7~9位、自然科学1~3位でがんばってます。
皆様の応援に、感謝の気持ちでいっぱいです!
1ポチで、社会人OLには7P、自然科学は3P加算されます。
元気の源、応援ポチをおねがいます。

banner2.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/02/17 23:16 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...