FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

だるく感じるメカニズム。 はてなブックマーク - だるく感じるメカニズム。

banner_top.gif


昨日は、ご心配おかけしました。

あの後、布団に入ってことっとしていたら
すぐ寝てしまい、気がついたら朝でした。
(ことっと=福井弁、このニュアンス、
どうやって説明したらいいんだろ?)

のどはまだちょっと痛いのですが、
体のだるさは取れたような気がします。

今日は、娘の幼稚園の参観日だったのですが、
なんとか見に行くことが出来ました。

昨日はちゃんとした記事書けなかったので、
今日は「豪華2本立て」(笑)でお送りします。

今回のように、風邪引くと体がだるく感じるのですが、
これってどういうメカニズムで起こるんだろ、
と思ったので調べてみました。

どうやら、風邪を引いたとき炎症を起こす原因である
サイトカインと言う生体内の物質が、
このだるさの原因の1つのようです。

体の中に病原菌などの異物が入ると、
体内の免疫細胞は異物を攻撃しようとします。
この時、体内から放出されるのがサイトカイン。
サイトカインは生体内の免疫機構を活性化して、
あらゆる方法で体を守ろうとします。

このサイトカインの一種が脳に働くと、
精神活動に影響を与えることで、
だるさや気分の落ち込みを起こす、と考えられています。

「風邪引いたときにだるくなる」という自覚症状は、
風邪を治そうという意欲を起こす原因となります。
このことから、サイトカインによる身体のだるさは、
サイトカインの「生体を守る」という目的にあった症状だ、
と考えることが出来ます。

免疫活動と精神活動が互いに影響を与えあうときに、
この仲立ちをしているのがサイトカインというわけですね。

さて、今日はバレンタインデー。
あちこちに恋の仲立ちをしているチョコがあるんでしょうね。
気になる?わが家のバレンタイン事情は、
今晩の記事でお送りする予定です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。
皆様の応援で、社会人OL9位、自然科学3位です。感謝!
もう一息、がんばりたいと思います。
元気の源、応援ポチをわけてください~

banner2.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/02/14 13:05 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...