FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

ビーマスSの名前の由来 はてなブックマーク - ビーマスSの名前の由来

ビーマスS(日本臓器製薬、主成分カサンスラノール、ジオクチルソジウムスルホサクシネート)は、便秘の治療に用いられる薬です。ビーマスに含まれるカサンスラノールは、カスカラサグラダという木の皮からとれる物質で、腸の運動(蠕動運動)を促進し腸の中の便が動きやすくする働きを持っています。一方、ジオクチルソジウムスルホサクシネートは、便のなかに水分をしみ込みやすくして、便を柔らかくる働きを持っています。

ビーマスSの名前の由来
ビーマスSの「ビー」は「Ve=美」、「マス」は「mas:増す」を表し、 美を増すという意味 をこめてビーマスと命名されたそうです(Sは何の意味なんだろう??)

確かに便秘は美容の大敵といいますね。お通じが増せば、美も増す、ということなのでしょう。

ちなみにこのお薬、多量の水とともに飲まなくてはいけません。できればこういう薬で無理矢理出すのではなく、日頃の食習慣や生活習慣によって、お通じをコントロールして行きたいものですね。



今日もお越しいただき、ありがとうございます。
元気の源、応援ポチをおねがいます。

banner2.gif
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/02/08 21:30 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...