FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

ヴイックスヴェポラッブの名前の由来 はてなブックマーク - ヴイックスヴェポラッブの名前の由来

banner_top.gif


ヴイックスヴェポラッブ(大正製薬、主成分dl-カンフル、l-メントール)は、鼻づまりやくしゃみなどの風邪の症状をおさめるためにつかう薬です。

ヴイックスヴェポラッブは、薬が飲み込めない子供やお年寄りの風邪の治療に使える、皮膚に塗るタイプの風邪薬です。ヴイックスヴェポラッブを、胸やのど、背中に塗ると、薬の成分が体温で蒸発し、鼻や口から体内に入ります。

ヴイックスヴェポラッブの成分であるdl-カンフル、l-メントールは、スースーする感覚を起こすことで、呼吸が楽になります。また、塗った部分の血行が良くなることで、体を温めて風邪の症状をおさえます。

ヴイックスヴェポラッブの名前の由来
ヴイックスヴェポラッブは、英語ではVick’s Vaporubと書きます。Vickは、この薬を開発したアメリカの薬剤師、Lunsford Richardson さんが経営していた薬屋の先代の経営者、Joshua Vickさんにちなんでいるそうです。また、Vaporubは、英語のvaporize(蒸発させる)とrub(こする)を組み合わせて命名されたそうです。。ヴイックスヴェポラッブの使い方とメカニズムを簡潔に表していますね。

ヴイックスヴェポラッブ、、子供の頃「ヴ」をどうやって発音するのか悩んだ事を覚えています。なんで「ビ」ってかかないんだろ、「ヴ」と「ビ」とは何が違うんだろ?なんて思ったものです。

ヴイックスというブランドは、他にも「エヘン虫」を退治することで有名な「ヴイックスドロップ」という、のどの薬がありますね。「エヘン虫」というのは、印象に残る、ナイスなネーミングだと思います。

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/12/20 23:38 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...