FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

春よ来い! はてなブックマーク - 春よ来い!

banner_top.gif


今日は研究所の研究発表会。

ずっとやって来たネズミさんとの実験結果の発表です。

この数ヶ月、ネズミさんががんばってくれたおかげで、
どこに出しても恥ずかしくないデータが取れました。

手持ちのデータがしっかりしていると、
プレゼンテーションは、すごくやりやすいです。
実験事実と考察の違いに気をつけながら、
自分の言葉でデータを説明していきます。

データ紹介の後は質疑応答。
質問の他に、今後の実験デザインのアドバイスなんかもあり、
実のある時間となりました。

でも、こうやって出たデータも、
世の中に出る事は、ここしばらくはないんですよね。
まぁ、企業秘密というのがありますから仕方がないですが。

欧米の大っきな製薬会社は、学会や学術雑誌に
どんどん自分たちのデータを発表しています。
たぶん数多くあるプロジェクトの中で、
一番進んでるものか、失敗したものかのどちらかなんですが、
いずれにしろ世の中に自分の仕事が発表されるのは
悪い気分じゃないと思います。

前にも書いたけど、うちの会社の信念は、
「会社はサイエンスをするところではない。
会社はサイエンスを使うところだ。
サイエンス自体が目的ではなく、
薬をつくってこそ会社の存在価値がある。」
サイエンスの最終目的である学会発表や論文書きは、
あくまでおまけのおまけ、ということです。

まぁ、薬が患者さんで効く事が明らかになるまでは、
このデータは研究所の中でじっくり冬眠です。

春が来るのは何時の日か、、春よ来い!

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/12/16 22:06 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...