FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

オロナイン軟膏の名前の由来。 はてなブックマーク - オロナイン軟膏の名前の由来。

↓まずはご挨拶のポチ!
banner_top.gif


オロナイン軟膏(大塚製薬、主成分クロルヘキシジングルコン酸塩)は、しもやけやあかぎれ、かるいやけどやきず、ニキビや吹き出物、などの皮膚の症状を治療するための薬です。オロナイン軟膏に含まれるクロルヘキシジングルコン酸には殺菌作用があるので、傷口ややけどの部位の消毒して化膿を防ぎます。また、ニキビの原因であるニキビ菌を取り除く働きもあります。また、軟膏のなかのワセリンなどの油分はしもやけやあかぎれで傷んだ皮膚を保護する働きがあります。

オロナイン軟膏の名前の由来
オロナイン軟膏は、もともとアメリカのオロナイト・ケミカル社が作った殺菌用消毒剤を軟膏の形にして売り出したものであることから、オロナイトをもじってオロナインと命名したそうです。
また、オロナイトというのは、スペイン語のオロ(黄金)とナイト(黒)を合わせた言葉で、オロナイト・ケミカル社が石油で財を成したことに由来しているそうです。


寒い季節になると、仕事柄、手が荒れてしまいます。こんなときにオロナイン軟膏は強い味方ですね(わが家では使ってないけど)。誕生したのは昭和28年、古いホーロー製の看板なんてのもありました。今は、ちびまる子ちゃんがイメージキャラクターです。たしかに「家族みんなのオロナイン」って雰囲気ですよね。

元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!

↓Yahoo!オークションの紹介写真より。
20081206.jpg


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/12/06 23:04 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...