FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

作用メカニズムが分からない。 はてなブックマーク - 作用メカニズムが分からない。

昨日のブログの記事のなかで、
アセトアミノフェンという解熱鎮痛薬の作用メカニズムが
現在でもよく分かっていない、とかきました。

世の中に出回っている薬はいろいろありますが、
その作用メカニズムが分からない、
というものは確かにあります。

いまから30-40年くらい前までは、
まだ生体の仕組みがよくわかっていなかったので、
化学者が合成した化合物をいきなり動物やヒトに投与して、
直接効果があるかどうかを調べるという方法が取られました。

望む作用が持つことがわかり、安全性を確認することができれば、
実際に臨床で使用できる薬ができあがり、というわけです。

そして、どのような作用メカニズムで効くのか、は、
薬が出来上がってから調べる、という順番でした。

そのため、作用メカニズムがわからないけど効く薬、
なんてものができたのです。
(「漢方薬」も、この種の薬だと考えられます)


現在は、作用メカニズムがわからないけど効く薬、
というのは生まれにくくなっています。

バイオテクノロジーの進歩により、
細胞の働きや遺伝子の働きが解明されるようになり、
病気の起こるメカニズムが予想できるようになったからです。

まず、病気の起こるメカニズムの仮説があり、
その仮説に沿って化合物を合成し、
動物で効果を確かめる、という手順で薬を探し出します。

つまり、最近の新薬というのは、
最初から作用メカニズムが分かっている薬なのです。

いろいろ書いてきましたが、
作用メカニズムがわかっていてもわからなくても、
よく効く薬は良い薬であることは間違いありません。

よく効く薬を、確実に見つけ出していきたいです。

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/11/04 23:43 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...