FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

はっとした言葉。 はてなブックマーク - はっとした言葉。

今日は嫁さんの実家に日帰りのプチ帰省。

行きの車中では、子供たちが暇そうにしてるので、
「しりとり」をしていました。

子供としりとりをしていると、
子供たちのボキャブラリー(語彙)の幅が分かって
聞いてるだけで面白いです。

幼稚園の娘は、やっぱり身近な言葉。
らっぱ、ぱんつ、つみき、、みたいに
思いつく言葉が大体予想がつきます。

でも、ときどきはっとした言葉を言うんですね。

今日の言葉は「びねつ」

食べ物とか動物とかの名前の合間に、
こういう大人っぽい単語が入ると
ちょっと驚き、続いて笑いが出てきます。

「びねつ」=「微熱」
この間、娘がちょっと体調を崩したとき、
嫁さんと「微熱があるね」なんて話してたからだろうな。
また1つ、知ってる単語が増えたみたいです。

しりとりの最後は、娘の言った「おじいちゃん」
車の中が笑いでいっぱい。

今日は、6月に亡くなった嫁さんのお父さんの納骨の日。
おじいちゃんも、天国で笑っていたと思います。

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/10/25 23:19 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...