FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

般若心経。 はてなブックマーク - 般若心経。

今日は嫁さんの実家へ日帰りで帰省。
嫁さんのお父さんの法要に行ってきました。

菩提寺のなかの納骨堂で、
扇風機の気持ちよい風の中、
住職さんと一緒にお経をあげました。

般若心経からはじまって、お経を2つほど読みました。
漢字には全部ふりがながふってあるので
読むのはそれほどキツくありません。
お経の意味はよくわかんないけど、
唱えるうちになんか気持ちが良くなってきました。
聞いてるだけだと眠たくなるけど
唱えているとそんなことはありませんね。

お経のあとは、住職さんの法話です。
こういう法話、昔は聞き流していたものですが、
この年になると、いろいろ感じるところがありますね。
じっくりと聞くだけの心の余裕ができた様な気がします。

嫁さんの実家に帰ると、
娘が仏壇のお経をとりだして、般若心経を読み出しました。
私たちの読経のまねをしてるんですね。
ふりがながきちんとふってあったので、
ひっかかりながらも全部読むことができました。

太陽がまぶしい午後の空、
天国のおじいちゃんも笑顔でみてたんだろうな。

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/09/06 23:21 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...