FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

言葉にできない。 はてなブックマーク - 言葉にできない。

カニュレーションという操作があります。

カニューレとは、動物の体内に挿入するための管。
カニュレーションは、カニューレを挿入する操作のこと。

動物の体の中には、いろいろな管があります。
動脈や静脈、気管や尿道、胆管に膵管、腸管。。
薬の作用を確認するときには、
これらの管へのカニュレーションは、よくある作業です。

今日はメスのネズミさんの尿道へのカニュレーション。
体外からカニューレを挿入し、膀胱まで差し込みます。
(ネズミさんには麻酔がかかっています)

血管や気管、胆管なんかへのカニュレーションは、
動物に麻酔をかけて、管を露出させ、
管にあけた穴を見ながら管を入れます。
しかし、尿道をつうじて膀胱に管を入れるときは、
尿道口からそのまま手探りで管をいれます。

この尿道へのカニュレーション、ちょっとコツがあります。
尿道は体内でちょっと折れ曲がっているので、
その曲がり具合を手で感じながら管を進めていきます。

なれると、スイスイとはいるものなのですが、
人によっては、何度やってもできないってこともあります。
30分ひたすらがんばっても入らない、
で、出来る人に頼んだら一瞬にして入ってしまう。。

今日も、一緒にやってる後輩がトライしたのですが
全然はいらず、バトンタッチ。
私は得意なので一瞬でカニュレーション終了。

コツを教えてと言われても、なかなか言葉にはできません。
こういう操作は体で覚えないとうまくならないんですよね。
できなければ練習練習、、です。

うまく行ったときの感覚、スッという感覚は気持ちいいです。
この感覚、早く後輩もつかめるようになって欲しいな。


本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/08/13 23:22 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...