FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

入れ忘れ。 はてなブックマーク - 入れ忘れ。

ああ、また実験をトチってしまいました。。
今日の原因は、試薬の入れ忘れ。

長い一時間の待ち時間のあと、
わくわくしながら測定装置のディスプレイをのぞいてみると
ああ、やってしまった。。。

出るべき波形が全くでず、ただ直線が伸びるだけ。
これは明らかに失敗です。
なぜだ?と探っていくうちに、実験台の上に原因を発見。

試薬がはいったチューブが、
ふたも開けずにおいてありました。
この試薬を入れないと、
細胞さんはうんともすんともいってくれません。

透明な液に透明な液を入れるときに、
ぼーっとしながら作業していると、
ふと我に帰って「あ!入れたっけ???」
ってすごく不安になると気があります。

今回は、不安に思う間もなく入れ忘れてしまいました。

試薬にみんな色がついていたら、
入れ忘れるなんてことはないんですけどね。。
赤い試薬に緑の試薬、きちんと加えたらオレンジになる、とか。

ある種の実験キットは、こんな風になってるので
試薬入れたかな、、なんて心配はしなくても大丈夫なのですが、
自前の実験ではそうはいきません。。

まぁ、指差し確認、ノートへのチェックなんかの
地道な方法を続けるしかないですね。。

さて、愚痴はここまで。
これから娘のバースデーケーキを頂くことにします。
苦い思いを甘いケーキで吹っ飛ばせ(笑)

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!

ついでに、右にある科学ブログのボタンもクリック!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/08/04 21:09 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...