FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

程よい強さ。 はてなブックマーク - 程よい強さ。

薬がヒトの体の中で効果を示すためには、
薬が生体内のターゲットとなる物質(例えばタンパク質)と
ほどよい力でくっつかなくてはいけません。

その力には2つの種類があります。
(1)プラスの電気とマイナスの電気が引き合う力
(2)似たもの同士が引き合う力

プラスとマイナスが引き合うのは
磁石のNとSみたいな感じで何となく分かります。
まぁ、男と女のようなものですね。

(2)の似たもの同士というのは、
友情のようなものでしょうか。

専門用語だと「疎水性相互作用」なんていう
すごく硬い言葉になりますが、
要は、水をはじくような性格のモノ同士は
(意外と)引き合いやすい、って感じです。
油と油はまざりあう、ということ。

ただこの2つの力が強すぎると、
薬としてはかえってよくありません。

薬とターゲット分子が離れられないくらい強い力でくっつくと、
薬の作用のコントロールが効かなくなってしまいます。
コントロールできない薬は毒と一緒。これは困ります。
薬とターゲット分子がくっついたり離れることができるような
程よい強さの力が必要なのです。

束縛しすぎると、かえって関係が悪くなる。
薬とヒトの関係、なんか人間関係と似てますね。
だから、薬をつくるのはこんなに難しいのか、うん。

本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!

ついでに、右にある科学ブログのボタンもクリック!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/07/19 23:15 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...