FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

続・魔法の式 はてなブックマーク - 続・魔法の式

昨日「魔法の式で副作用を予測」って内容の記事を書きました。

実は「魔法の式」についての理論は、理解してないのですが、
なんのために「魔法の式」を使うのか、ということについては
ある程度はわかってるつもりです。

「魔法の式」を使いたい理由は、
「安全性の高い薬を効率的に作る」ためです。

現在、私たちが薬を作るときには、
ます化合物を実際に合成して、実験で薬効を確認し、
有望そうな化合物について
1つ1つ安全性を確認する実験をしています。

この流れでは、安全性の試験をするまでは、
化合物が安全かどうかは分かりません。
そのため、せっかくの有望な化合物が、
最後の最後で安全性に問題が出てしまい開発中止、
なんてことが起こります。

新薬の開発スピードを高めるには
この「最後の最後に副作用が出る」っていう事態は、
できるだけ避けなくてはいけません。

そのためにどうするか?

「副作用が出るような化合物は、はじめから作らない」
という方法が、一番確実です。

そのためには、作りたい化合物の構造式から、
副作用が出るか出ないかを判断すればよい、
ということになります。
そこで登場するのが「魔法の式」なのです。

「魔法の式」を用いることで、
副作用が出にくいと計算される化合物だけを合成すれば、
その中から得られた有望な化合物については、
副作用が出にくいと考えられます。

で、最後の最後に安全性の確認試験で問題が出て中止、
という事態が起こりにくくなる可能性もでてきます。

果たして「魔法の式」の威力がどれほどのものなのか。
論文では、結構いいとこいってるのですが、
やっぱり自分たちでやるまではわかりません。

さて、どうなることやら。
難しいけど、がんばってみます。


本日もお越しいただきありがとうございます。
元気の源、応援ポチ!もお願いします。

banner2.gif


人気blogランキング投票!

ついでに、右にある科学ブログのボタンもクリック!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/06/04 22:28 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...