FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

ネルボンの名前の由来。 はてなブックマーク - ネルボンの名前の由来。

連休も今日で終わり。

明日からは仕事ということで、ブログもお薬モードに戻ります。

ネルボン(第一三共、主成分ニトラゼパム)は、不眠症の治療につかわれる睡眠薬です。またネルボンは、てんかんの発作の治療にも用いられます。ネルボンは、中枢神経にあるベンゾジアゼピン受容体というタンパク質を活性化させて、神経活動を抑制させるために、睡眠作用や抗てんかん作用を示します。

ネルボンの名前の由来
ネルボンは睡眠薬であることから、良き(フランス語でbon)睡眠(寝る)をもたらすという意味をこめて、ネルボンと命名されたそうです。

日本語とフランス語のとても自然なコンビネーション、ネル=寝るとは、ちょっと思いつきませんでした。フランス語、やはり恐るべし。


応援ポチ!してくださいませ

banner2.gif


人気blogランキング投票!


ネルボン(ニトラゼパム)の構造式
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/05/06 21:44 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...