FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

キム一族。 はてなブックマーク - キム一族。

昨日、キムワイプのことを記事にしたのですが、
思わぬ反響で驚いてます。

理系の実験室には、多分必ずあるキムワイプ。

主に実験器具、特に小さなガラス製品についた水気を
きれいに拭きとるのにつかいます。
顕微鏡のカバーグラスや、pH測定器のガラス電極、
分光光度計の測定セル、ピペットなどなど、、

キムワイプは、普通のティッシュとは違って、
拭いたあとに糸くずがつきません。
これは、キムワイプを作っている繊維が
普通のティッシュの紙の繊維より長いために
ほぐれにくい、からなのだそうです。

そして、この長い繊維のために、
特徴的なゴワゴワ感をもっています。
だから、鼻をかむと鼻が痛くなるのです。

キムワイプの研究以外の用途としては、
ラジコンの手入れに使ってる人が多いようです。

キムワイプのキムの由来は、
キムワイプの開発元の会社、キンバリー・クラーク
(Kimberly Clark Corp.)のKim、
ワイプの由来は「拭く」と言う意味の英語です。

学生時代は、キムさんの奥さん、なんて言ってましたが。
それは、キムワイフ。

キムワイプは、ホームセンターや東急ハンズで
180円くらいで売っているようです。ネットでも買えます。


また、キムワイプには、キムタオルという兄弟がいます。

20080416kim.jpg


これは、厚手のペーパータオル。
薄いシートが4枚重ねになっているので、
普通のペーパータオルよりは、だいぶ厚いです。

実験室で、水とか試薬とかをこぼしたときには、
大抵のばあい、キムタオルで拭き取ってます。
すごい吸収力なんで、助かります。

また、キムタオルは、ノートがないときに
ちょっとしたメモ代わりに使ったりもします。
多目的に使える、頼もしいやつです。

キム一族には、お世話になりっぱなしです。
これからも日本の科学界の縁の下の力持ち
であり続けることでしょう。

気に入った!って方は、応援ポチ!してくださいませ

banner2.gif


人気blogランキング投票!

ついでに、右にある科学ブログのボタンもクリックしてみてね。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/04/16 23:58 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...