FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

カコージンの名前の由来。 はてなブックマーク - カコージンの名前の由来。

カコージン(日本製薬・武田薬品、主成分塩酸ドパミン)は、心臓の機能低下や大量出血によって体内の血液の循環が悪くなり、腎臓などの全身の臓器の機能が低下するショック症状(急性循環不全)の治療に用いられる薬です。

カコージンは、心臓の収縮力を高めて血圧を上げ血の巡りを良くしたり、腎臓や腸への血液の流れを高めることで、前人の臓器の機能低下を防ぎ、ショック症状を改善させます。

カコージンの名前の由来
カコージンは心筋の収縮力を高めたり、腎臓への血流量を増加させたり、心臓からの血液の拍出量を増加させたり、血圧を上昇させたりすることで、血液の循環を高める作用を持つことから、「下降(カコー)した心(シン)機能、腎(ジン)血流量を改善する塩酸ドパミン製剤」という意味をもつカコージンと命名されたそうです。

ちょっと専門的ではありますが、薬の作用メカニズムが、すぐ思い浮かぶような名前がついています。医療関係者には、とても印象に残る名前ではないか、と思います。


気に入った!って方は、応援ポチ!してくださいませ

banner2.gif


人気blogランキング投票!

033KAKODIN.gif


カコージン(塩酸ドパミン)の構造式
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/04/13 21:43 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...