FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

熱湯風呂。 はてなブックマーク - 熱湯風呂。

昨日のテレビの深夜番組で、面白い実験をしてました。

バラエティ番組で、熱湯風呂ってのがあります。
人間がヤケドをしない限界の温度だというされる
46℃のお湯を張ったお風呂なんですが、
この熱湯風呂に裸で入っても熱くない、という技があるのです。

実際、芸人さんがこの技をやってました。
最初はものすごいリアクションだったのが、
その技をすると全然平気。肩まで使っても大丈夫。

技の中身は、ペパーミントの香りのもとの化合物である
「メントール」を溶かした液を体中に刷り込むというもの。
ペパーミントといえば口の中がすーっとする感覚が特徴ですが、
実は、メントールがこの感覚の原因です。

メントールのすーっとした感覚は、
感覚神経の上にあるTRPM8というタンパク質のおかげです。
TRPM8は、実は寒さを感じるセンサーとして働くタンパク質。
TRPM8は気温が下がると活性化して、
寒いという感覚を伝える働きがあります。

ここで何の偶然か、メントールはTRPM8に結合して、
TRPM8を活性化するという能力を持っています。
それでメントールにふれると、寒さを感じる神経が活性化して
すーっとした寒気に似た感覚が起こるのです。

「熱湯風呂が熱くない技」の場合も、この理屈が成り立ちます。
メントールを体中に塗りたぐって、
体中の寒さを伝える神経をどんどん活性化させてやると
お湯の熱さを伝える神経が麻痺してしまい、
熱くもなんとも感じなくなるのです。

ちなみに、この時には熱さを感じないのですけれども、
皮膚はちゃんとお湯に触れているので、
いい気になってお湯に長いことつかっていると
知らない間に低温ヤケドをしてしまう、ということです。

メントールは湿布にも用いられています。
湿布をはるとすっとして痛みが治まる、というのは、
熱湯風呂を何とも感じないのと同じメカニズムが働いています。

芸人さんの体を張ったリアクション、
実は、この技を身につけたうえで、
大げさに演技してるのかもしれませんね。あくまで想像ですが。
(じつはお湯がぬるいんだ、というツッコミはナシ)


気に入った!って方は、応援ポチ!してくださいませ

banner2.gif


人気blogランキング投票!

ついでに、右にある科学ブログのボタンもクリックしてみてね。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/03/21 23:01 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...