FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

さよなら。 はてなブックマーク - さよなら。

今日は、液体窒素タンクに保存している細胞さんの棚卸し。

この10年近く、実験に使われることなく
液体窒素の中で長いこと眠っていた細胞さん。
必要、不必要を判断して、不必要なものは廃棄となります。

今日、10年前に使ってた細胞さんとさよならしました。

この細胞さんを使ってたプロジェクトは、
製薬会社3社で激しい競争があったのですが、
私の会社では、10年前にプロジェクトの中止が決まりました。

このプロジェクトで開発していた薬の場合、
実験が進むにつれて副作用が起きることが明らかになり、
その副作用は、私たちが目的とする薬効と
全く同じメカニズムで起きると分かりました。

つまり、薬を効かそうとしたら、同時に副作用も起こるのです。

薬効と副作用のバランスをいかにとるか、
さじ加減で副作用のコントロールできるのか、
副作用が起こるとしても、
その副作用をカバーできるほどの有用性があるのか。

この辺りの駆け引きがしばらく続き、
結局は中止という結論に達しました。

その後、数年は他社さんもがんばっていたのですが、
結局は、どの会社でも開発中止。
10年経った現在に至るまで開発に成功した会社はありません。
やはり、副作用に勝る有用性がない、というのが原因でしょう。

今となっては、このプロジェクトの復活は無理、
と判断せざるを得ません。

細胞さんには何の罪もないのですが、
過去のプロジェクトを引きずっていても仕方ありません。
私の判断で、思い切ってさよならすることにしました。

液体窒素のタンクから細胞さんのチューブを取り出し、
オートクレーブ(圧力釜?)で高圧高温で殺菌すると作業完了。

幸い、今使ってる細胞さんとは、ようやく息があって来た感じ。
この娘とは、まだまだ長い間おつきあいしたいものです。

気に入った!って方は、応援ポチ!してくださいませ

banner2.gif


人気blogランキング投票!

ついでに、右にある科学ブログのボタンもクリックしてみてね。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/03/18 23:43 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...