FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

いまだ道遠し。 はてなブックマーク - いまだ道遠し。

娘が熱を出しました。
といっても、微熱です。土曜日から続いています。
あんまりしんどそうではないのですが。。

溶連菌なんかに感染してたら大変なんで、
今日はお医者さんに行って、診察してもらいました。
付き添いの嫁さんの話によれば、
検査のとき、大っきく開けた口に検査器具を突っ込まれ
思わず大泣きしたということですが、それ以外は大丈夫。
溶連菌の反応は陰性、多分ただの風邪でしょう、
というわけでお薬をもらってきました。

お薬は、ピンク色の粉薬、抗生物質のセフゾン。
以前、このブログでも書いたのですが、

ソムリエが語る薬の味 (2007/5/10)

プロのソムリエによると、小児用のセブゾンは
「甘いイチゴ味。口内ですぐ溶け、苦みがない」
という味付けがしてあるようです。

小さいカップの中で、お水で粉をとぎ、
ぐるぐるかき混ぜて嫁さんが味見をします。

「あま~い、全然苦くないよ」という嫁さんの言葉に
娘が安心して口を開け,薬を口に入れました。

べー。。。ああ、やっぱりダメみたいです。
お口からちょっと出してしまいました。
それでも、大半は飲み込めたようです。

どんな味だろ、と私も指にちょっとつけて味見。
ああ、甘い、確かにイチゴ味だけど、粉っぽいなぁ。
そのあとすこし苦みも感じます。
さすがに、これを飲むってのは大変だ。

大人は錠剤やらカプセル剤が飲めるので、
薬が苦いとか変な味だとかおもう機会は少ないのですが、
子供たちはそうはいきません。

薬をいかに飲みやすくするか、
というのを研究する部署も当然ある訳ですが、、
でも、シロップにでもしない限り、
薬の粉っぽさと苦さは抜けないようです。

新薬の研究法はどんどん進化してますが、
小児用のお薬の飲みやすさの研究法は、
いまだ道遠し、、なのかもしれません。。。


いま何位でしょうか?クリックして確認してみてくださいね。
「自然科学」にいくか、「会社員・OL」にいくか、どっち?

人気blogランキング投票!

気に入った!って方は、
右カラムにある科学ブログのボタンもクリックしてみてね
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/02/19 21:53 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...