FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

密かな儀式。 はてなブックマーク - 密かな儀式。

毎日始業前に行われている密かな儀式。

一人っきりの実験室で、小さな炎が燃えてます。
そばには、白衣を着た男がひとり、
その炎をじーっと見つめています。

その手には、細いガラス棒が2本。
右手と左手に1本ずつもって、火の中であぶっています。
男はただ無言で棒をくるくるまわし、
棒の端が真っ赤に輝くと、
棒を取り出してビーカーの中に入れます。

この操作を始業ベルが鳴るまでつづけます。
ベルが鳴ったら、おもむろに席を立ち、
なにごともなかったように自分の机に向かいます。

毎朝、毎朝、実験で使うガラス棒をあぶるのが私の仕事。
このガラス棒は、端の部分がギザギザなので、
炎のなかであぶって、このギザギザを溶かし平らにします。
平らじゃないと、測定器械が能力発揮できないんですよね。

ぼーっと、アルコールランプの炎の中、無言の男。
この風景、何にも知らない人が見たら、どう思うかな。
マッドサイエンティスト、,まではいかないか。


いま何位でしょうか?クリックして確認してみてくださいね。
「自然科学」にいくか、「会社員・OL」にいくか、どっち?

人気blogランキング投票!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/01/30 20:20 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...