FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

注射の方が好き。 はてなブックマーク - 注射の方が好き。

アメリカの製薬会社、ファイザーの発表です。
「exubera」っていう薬が、今月で発売中止。

副作用とかの問題じゃなくて、
売れなかったから、だそうです。

このexuberaって言う薬、糖尿病の治療薬です。
糖尿病(1型糖尿病)の患者さんは、
膵臓から分泌される血糖値をコントロールするためのホルモン、インスリンが不足しています。
そのため、毎日、インスリンを外から投与しなくてはいけません。
インスリンは、胃の中で分解してしまうので、
飲み薬として使うことはできません。

そこで、現在用いられているのは、注射による投与です。
皮膚の下に、患者さん自身で、注射器で1日に数回注射します。

ところが、exuberaという薬、注射剤ではありません。
飲み薬でもありません。
exuberaは、吸入薬。口から肺に吸い込むタイプの薬です。
注射以外のインスリン製剤は、これが最初。
私たちも、意表をつかれて、すごいなぁ!と思ったものです。

しかし、全然売れなかった。。。。
患者さんに取っては、いちいち吸い込むよりも、
注射の方が楽だったんでしょうね。

exuberaは患者さんのニーズに合いませんでした。
しかし、インスリンを肺から吸収させるという技術は、すごく画期的なものです。インスリン以外のホルモンでも、この技術は使えるかもしれません。

この失敗にめげず、さらなる新薬が開発されることを期待しています。

いま何位でしょうか?クリックして確認してみてくださいね。

人気blogランキング投票!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/11/02 23:14 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...