FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

収穫と種まきの日。 はてなブックマーク - 収穫と種まきの日。

朝から雲一つない快晴。
絶好の芋ほり日和になりました。

町内会のおじさん(含む私)たちが、土作りから始めた芋畑。
子供たちが、わいわい言いながら植えた苗。
いよいよ収穫の日を迎えます。

ついでに、街中の草刈りも(一種の収穫?)しちゃいます。

まずは、子供たちが芋掘り開始。
おじさんたちは、焼き芋用のりっぱな炉を作ります。
コンクリートブロックで囲んだ炭火の炉。
おじさんたち、気合い入ってますねぇ。

芋掘りが終わったら、
芋を焼く人、草刈りする人に分かれ、一時間ほど頑張ります。
草刈りが終わると同時に、焼き芋が出来上がるという仕掛け。

さてさて、芋ほりの結果は、どうだろう?




大っきいのもあれば、小ちゃいのもあり。
焼けるのを並んで待っている子供達のように個性的。

小ちゃいお芋も、大っきい芋も
甘くてほくほく、おいしいです。
子供たちの笑顔と歓声が、いいスパイスになってます。
ああ、とにかく上手く出来てよかった。

さて、家に帰ろうとすると、服には無数のひっつき虫。




このままでは家に入れません。
結局、草刈りした所で、ひっつき虫を取ることに。

草を刈るつもりが、おもいっきり種まきをしてしまいました。
薬作りとおんなじで、そう簡単に自然には勝てませんね。

いま何位でしょうか?確認してみてくださいね。

人気blogランキング投票は、ここをクリック!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/10/21 19:45 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...